婦人

敏感肌化粧品を購入すれば悩みが一気に解決する

  1. ホーム
  2. 肌が敏感な時

肌が敏感な時

鏡を見る人

使いたい化粧品の種類

敏感肌は一般的な化粧品でかぶれを起こしてしまったり、枕やタオルの摩擦などのちょっとした刺激でも肌が赤くなってしまったりする状態の肌の事を言います。普通の肌であれば何てことない刺激でも、敏感肌の人には強い刺激となってしまう事が多々あります。そういった敏感肌の人には敏感肌化粧品を使う事をおすすめします。角質層が荒れてしまうのは肌の水分と油分が不足しているのが原因と考えられている為、敏感肌化粧品には優しい成分を使って水分と油分を肌に補給できるような仕組みとなっています。特に使うとヒリヒリとしてしまうエタノール類を含まない敏感肌化粧品を選ぶようにしましょう。そのほかにも防腐剤の一種であるパラベンやブチルパラベンなどが配合されているものも控えて使うようにしましょう。フェキシタノールやBGなどはまだ刺激の低い防腐剤の為、敏感肌化粧品を選ぶ際にはフェキシタノールやBGが入っているものは刺激や弱めなので使っても問題ないと判断しても大丈夫です。また保湿成分は長く使われて安定性や安全性が保障されている成分が入っている敏感肌化粧品が望ましいです。例えばセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどです。これらの成分は最近出てきたばかりの成分ではなく、化粧品に長く使われていて安全性が確立されている成分なので安心して使う事が出来ます。また敏感肌化粧品の相場は化粧水や乳液だと1000円程度から5000円程度の商品が主流となっています。購入の際はこの金額を予算にして化粧品売り場に行ってみると良いでしょう。